内臓脂肪を減らす方法|運動や漢方で落とすやり方を詳しく解説!

MENU

内臓脂肪を減らす運動は筋トレ?

脂肪には皮膚の下に付く皮下脂肪と内臓の周りに付く内臓脂肪があります。一見すると痩せているように見える人でも、内臓脂肪が多いというケースもあります。
皮下脂肪に比べて、減らすことが簡単であると言われている内臓脂肪は、一方ではつきやすいという特徴もあります。
減らす方法は、毎日の食事管理と運動が中心となります。

 

運動で内臓脂肪を減らすという場合には、筋トレ中心の運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動を中心に行うようにしましょう。

 

筋トレでも全く効果がないというわけではありませんが、筋トレの場合は正しい方法で行わなかった場合は、身体に負担をかけてしまう可能性がありますので、これまで運動習慣が無かったという場合には、ウォーキングなどの生活に取り入れやすい方法から始めることをおすすめします。

 

また、内臓脂肪を減らすのに欠かすことが出来ないのが、バランスの良い食事です。食べる回数を減らすよりも、油分や脂肪の摂り過ぎを防ぐようにしましょう。

 

無理に食事の回数を減らしてしまうと、脂肪を溜め込みやすくなってしまい、逆効果となる可能性がありますので注意が必要です。
野菜やタンパク質を積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

内臓脂肪を減らす薬やお茶はある?

内臓脂肪はその名の通り、内臓の周りにつく脂肪の事を指します。身体の外側から見ても、内臓脂肪があるのかどうかを判断することは出来ません。
痩せて見える人でも、体脂肪率が高い場合には、内臓脂肪がついているのかもしれません。

 

この内臓脂肪を減らす方法は食事と運動が中心となりますが、補助的にサプリメントや漢方薬、お茶などの飲み物を取り入れることで、減らす効果を高めることが出来る可能性もあります。

 

内臓脂肪を減らす効果を期待することが出来る漢方薬は、体質によって異なりますので、選ぶときには注意が必要です。
また、飲んですぐに効果を得ることが出来るわけではありませんので、漢方薬は最低でも1ヶ月以上は飲み続けるようにしましょう。

 

烏龍茶や緑茶などのお茶を積極的に飲むことで、ダイエット効果を期待することが出来ます。

 

烏龍茶には、油脂分を分解する効果を期待することが出来るサポニンや、身体に脂肪が吸収される前に排出する効果を期待することが出来るポリフェノールという成分が含まれていますので、食事と一緒に飲むことをおすすめしたいお茶です。

 

また、日本で古くから飲まれている緑茶にはカテキンが含まれており、血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪の生成を抑制する効果を期待することが出来ます。

 

 

内臓脂肪を漢方で減らす方法とは?

内臓脂肪はランニングなどの運動では落としにくいと言われていますが、内臓脂肪を減らす方法として漢方薬は効果的で、漢方薬には代謝を促す効果や胃腸の働きをサポートしてくれる成分などが使われています。

 

漢方薬で内臓脂肪を減らす方法は、それぞれの生薬を組み合わされているので、体のめぐりを良くすることができ、排尿がうまくできない症状や体に余分な水分がたまることで引き起こされる、むくみも解消することが可能です。

 

また、便秘や肥満症の改善や、おなか周りの脂肪を落とす効果も期待でき、余分な脂肪を分解したり、燃焼させることでおなか周りの余分な脂肪も燃焼でき、メタボ対策の効果も期待できます。

 

漢方薬を摂取する方法は内臓脂肪を減らす効果が期待できるので、摂取しすぎると便がゆるくなったり、腹痛を起こしてしまうことがありますので、1日に決められた量だけ摂取するようにすると、無理なく効果を実感することが可能です。

 

漢方薬は肥満が原因で起こる動悸や息切れなどの症状の改善にも効果が期待できますが、痩せていて高血圧の人などは内臓脂肪を落とす効果はあまり期待することができないだけでなく、体質によって合わないこともあるので、服用する時にはその事も考慮する必要があります。

 

 

内臓脂肪を減らす食事のレシピは何?

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べてつきやすいけれど、落ちやすいという特徴があります。そのため、食事に気をつけるだけでも、比較的簡単に減らすことが出来ます。
内臓脂肪を減らすためには、食事を見直すという事が必須ですが、どのようなレシピが良いのか分からないという人も多いかもしれません。

 

簡単に出来るレシピとしては、野菜をたくさん使用した野菜スープがあります。キャベツやきのこ、トマトなど、季節の野菜を取り入れるようにしましょう。
作り方は非常に簡単で、食材を食べやすい大きさに切り、それぞれを鍋に入れ、煮込むだけです。

 

好みに応じてレシピをアレンジすることが出来ますので、飽きにくいと言えます。

 

ビタミンB群は脂肪や糖分の代謝促進効果を期待することができ、内臓脂肪を効率よく減らす事が出来ますので、食事に取り入れたいものです。
普段の食事のバランスが悪いと、食べても満足感を得ることが出来ず、間食が多くなってしまいがちです。

 

栄養バランスに気をつけることや、噛む回数を多くするなどすることにより、少しの量でも満足することが出来るようになります。
食事を楽しむ余裕を持つということが、ダイエットを成功させるためには大切になります。

 

 

食べ物はヨーグルトがいい?

便秘解消や免疫力向上など、ヨーグルトには様々な効果があるとされています。
そんな健康を気にする人に人気の食べ物である、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類によっては、内臓脂肪を減らす効果を期待することが出来ると言われています。

 

胃酸や胆汁に負けることなく、生きたままの状態で腸に届くタイプの乳酸菌を含むヨーグルトを食べることにより、腸内環境が良くなると言われています。
また、その影響により、内臓脂肪を減らすことや蓄積を抑える効果も期待することが出来ます。

 

実際に肥満傾向にある人を対象とした実験では、腸に生きたまま届くタイプの乳酸菌が含まれているヨーグルトを12週間、1日200gを食べ続けた結果、内臓脂肪を減らすことが出来たという結果も出ています。

 

これは、異なる乳酸菌が含まれているタイプのヨーグルトでは内臓脂肪が増えてしまったという人もいます。
しかし、いくら健康に良いダイエット効果を期待することが出来るという食べ物でも、食べ過ぎはよくありません。

 

日本人は、体質的に乳成分を分解することが出来る酵素を持つ人はそれほど多くはありません。
そのため、乳成分が含まれている食べ物を摂取することで、お腹を壊してしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

 

関連サイトについて

内臓脂肪を減らすためには、食事や運動、漢方薬、お茶などを活用する方法があることがわかりました。
この中でどれを選ぶかはあなた次第ですが、漢方薬の生漢煎というものがなかなか良かったりします。

 

生漢煎は減量処方で、有効成分もたっぷりです。内臓脂肪を減らしたいなら、まずは色々と情報を収集してみましょう。

 

生漢煎については、このサイトがおすすめです。

 

生漢煎に防風通聖散はどのくらい含まれている

 

生漢煎は、多くの口コミ情報などにより、今ダイエット中の方に人気のある商品ですが、その中には痩せる漢方として有名な防風通聖散が含まれています。
生漢煎に防風通聖散はどのくらい含まれているのかなども紹介してくれているので、ご参考にどうぞ。